7月7日リモネット暮らし(3)

2003年7月7日 リモネット暮し(3)
030707-1.jpgリモネットは、イタリアからフランスのニースやモナコに向かうルートからほんの少し脇道にそ れたどんずまりの山村で、高度は1300メートル。リモネットのゲレンデの途中から見下ろす とこんな感じです。

030707-2.jpgリモネットの教会の鐘の音は、ディングドンとかギンゴンガンとかの、教会的な音ではなくて、 まるで柱時計のような音がします。 各時間の数だけ鳴って、おまけに各時半では一つ鳴ります。 だからまるで、部屋の中に柱時計が掛かっている感じ。まあ便利といえば便利で。

030707-3.jpg下のリモーネ・ピエモンテの町までは、日に5・6回のバスの便があります。20分ほどの距離で す。

030707-4.jpg毎日、上ばっかりを向いていたから、今日は下を向いてリモーネ・ピエモンテの町まで歩いて下 ることにしました。 バス停を過ぎ、このアパートの管理人のジャン・ピエールとマリア・テレーズ夫妻のやっている 宿とレストランの前を通ります。

030707-5.jpg少し自動車道を歩いてから、谷川に向かって山道を下ります。山道といってもところどころには ベンチなども置いてある遊歩道です。 谷を渡った所で、遊歩道と別れて谷ぞいのルートに入ると、もう完全な山道。渓流の感じは黒部源流の沢という感じになります。

030707-6.jpgしばらく下った所で、山手方向に向かう急登の踏み跡を喘ぎ登ると、急に前が開け牧場に出まし た。すぐ前には、リモネット対岸下手に見える夏村がありました。

030707-7.jpg背後彼方には、リモーネ・ピエモンテスキー場の山々。

030707-8.jpg遥か下には、ヘアピンカーブの続く自動車道が望めました。

 急な下りの道が延々と続き、自動車なら、10〜15分の距離なのに、歩きではなんと2時間もかか ってしまい、なかなかいい運動になりました。 リモーネの町は、とんでもない人出で、老若男女がひしめいていました。 何事かとこれまで定宿にしていた、ホテル・エクセルシオールのマネージャーのベッペさんに聞 いたら、マウンテンバイクの競技会があり、この町がスタート地だったのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です