6.イスラマに戻る

 ペシャワールを発って、開通したばかりでガラガラにすいた3車線のハイウェイを2時間近く走ったのち、運転手のボーラは初めて言葉を発しました。正午過ぎ、ペシャワールのバザールを出発する時、「これからイスラマに向かう」と指示したきり、その後ぼくが一切話しかけなかったからでしょうが。
「マァーリ・・オォット」
 マリオットホテルに行くのですか?と聞いたのです。
 実におっとりのんびりしています。でも運転は非常にうまい。飛ばすときは飛ばしますが、どんな雑踏でも安心して乗っておれます。
 ほんとに素朴実直という感じ。指定した時間にはきっちりとやってきて、ホテル構内のホテル入り口が見える場所にパークし、はるか向こうからじっと見張っているのでしょうが、ぼく達の姿が現れるやいなや素早く飛び出してくるのでした。
 バザールでも、戻ると言った時間に1時間遅れようが2時間経とうが、遠くからぼく達を見つけ出し、車のそばからやってきて、雑踏の中を先導してくれました。
 
 アマンに、あだ名の意味を聞きました。ボーラというのは、simpleという意味だそうです。simpleには、単純な人、ばかの他に、素朴な、無邪気な、純真ななどの意味がありますが、なるほどこの形容はすべて彼に当てはまるように思えました。日本語にするのは難しいけれど「ぼんやりさん」とでもなりましょうか?
 彼はピンディ近郊の町、ハリプールで生まれました。ピンディにやってきても、その生活は貧しい彼に取って大変厳しく、仕事用の車の中で寝泊まりするという生活を3年間も続けたそうです。
 この話を聞いて、別れるときに渡すチップを少し増やしてしまいました。

 ピンディでは、町に出歩く人がなくなり、どの商店も閑古鳥が鳴いているそうです。昨日の公邸への自爆攻撃の所為だそうです。
 アマンは、とんでもなく大きな音がして、びっくりした。商売はあがったりです、となげきました。音は4キロ四方で聞こえたと新聞にありましたから、アマンの店では、きっと大きな音だったのでしょう。
新聞記事1.jpg ペシャワールのPCで、各種英字新聞5誌ほどに目を通しましたが、地方紙にあたるCity News などが、最も生々しい情景を書いています。
 —–人の身体の部分が路上のあちこちにゴロゴロと転がっている。
 2人のレスキュ−1122の職員と2人の軍の人が、多分自殺攻撃者のものと思われる人の頭を取るために樹に登った。それは、樹の枝にひっかかっていた。—–
 身体の破片が、空中に舞い散る目撃者の談話などがあり、読んでいて気持ちが悪くなりました。
 そしてひとつ気付いたことは、どの新聞も自殺攻撃(suicide attack)あるいはsuiside blast(自殺爆発、自殺攻撃)とは呼んでも、自殺テロ(suiside terrolism)とは呼んでいないことでした。その理由は、分かるような気がしました。

 夕食は、ホテルのステーキハウスで取ることにしました。
 アマンがくれたボルドーの赤2005年を、黒のプラスチック袋でくるんで持ち込みました。
 ボーイはぼくが足下に置いたボトルに気付いたのか、水用以外にもう一つグラスを持ってきてくれました。グラスはいずれも濃いブルーで、遠目には水かどうか分かりません。去年は、ボトルを持ち去り、ティーポットに移し替えて持ってきたのですが、ティーカップで飲むワインというのはどうにも気分が出なかったものでした。

 ムスリムの国ですから、飲酒は禁じられていますが、外国人は関係ありません。ただ公衆の面前で公然と飲むことは、控えなければ行けません。
 パキスタンに着いて直ぐの夕食はパキスタン料理屋さんでした。パルベイツの家で供されたブルゴーニュの白のボトルに残ったワインを、ザヒードが持ってきていました。
パルベイツ夫妻と.jpg パルベイツは、ぼくが「美味しい」とほめたので、ホテルで飲むようにと同じもの2本と飲み残しをザヒードに渡したのです。
 白ワインで焼き肉はどうも、とぼくは、ジャンボプラウンを注文しました。ザヒードといえば、堂々とワインを卓上に置ぎ、冷やすための氷を頼みました。
 「君たちは外国人だから関係ない。文句を言われたらパルベイツのゲストだといいなさい。それですべてオーケーだ」とパルベイツが大見得を切ったからなのですが、ぼくはちょっと気になりました。
 案の定、しばらくすると店のマスターがやってきました。「向こうの夫人たちが苦情を言っている」というのです。入ってきてからのザヒードの態度は少し大きすぎたようでした。
 どこの国でも、おばはんはうるさいのです。

T-boneSteak.jpg さて、ぼくが注文したステーキは、450gTボーンのミディアムレアー。オーストラリア肉です。値段は5600円。
 デザートには、メニューになかったのですが、聞くと出来るというので、カスタードプリンとエスプレッソダブルを頼みました。
 みんな美味しかった。
 吸いきれなかったホヨドモントレー・Limited 2005のシガーを手にプールサイドに移動し、テーブルに腰を下ろしました。
 プールの周囲にぐるりと配置された椅子とテーブルには人っ子一人なく、水面が静かに揺らいでいます。少し肌寒さを感じるくらいで、酷熱のパキスタンも過ごしやすい季節になってきたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です