プラハに着く

 アムステルダム〜プラハは、SkyEuropeという新しい会社を使うことにした。飛行時間は2時間なのだが、特別のディスカウントで運賃はひどく安く、たったの4700円なのである。
 チェックインで、エクセスを請求される。5キロのオーバーだと言う。
 日本からアムスまでのKLMでは、何も言われなかったぞ。なんとか通してくれないか、と粘ったが駄目だという。「分かった、ではディスカウントしてくれ」
 「いえいえ、もう運賃で充分ディスカウントしていますよ」と、まったく取りつく島もない。
 まあこれで普通並みの料金になったのかと、納得せざるを得なかった。
 搭乗ゲートは、とてつもなく離れたところで、おまけにキャリーも備えてない。これが同じスキポール空港なのかとあきれてしまった。
 
モルドウとカレル城.jpg 約1時間半のフライトでプラハ空港に着いたのは、夜の11時だった。 
「無理かもしれないけど、空港に着いたらとにかく電話してくれ。迎えに行くから」と言って来ていたパベルだったが、電話したらもう来ているという。
 久しぶりの再会。元気そうである。
 会社に買わせたという新しいボルボを、パベルはまるでバイクのように運転して、15分くらいで宿に着いた。
ホテルパンフレット.jpg Residence Belgickaというヨーロッパスタイルのホテルのようなアパートである。奇麗で上質の案内誌によると、mamaisonという会社の経営で、チェコ、ポーランド、ハンガリー、スロバキアなど8カ所以上に高級ホテルのチェーンを持っているという。

Residence Belgicka.jpg 4・5階建てのビルが建ち並ぶ住宅街の道路角にあるホテルの入り口で、荷物を下ろしていると、道の反対側からポーリンが駆け寄って来た。

ポーリン.jpg 明るい街灯に照らされて、ポーリンは今も美しくて若々しかった。彼女は汽車でやってきたという。

 
 200キロ離れた隣町のブルーノから、穴ぼこだらけの道を走って来たパベルは、かなり疲れていると思われた。

ホテル部屋.jpg 部屋までやって来て、「もうすぐ寝るなら帰るけど、外でいっぱいやるかどうかは君の判断だよ」というので、「ではちょっとだけ」と答えた。
「じゃあロビーで待ってる」

 夜半を過ぎた通りを数分歩いて、そこここにあるバーの一軒に入った。店のスタッフたちがパベルに話しかけている。久しぶりですね、元気ですかなどと言っているのだろう。
 生ビールを注文、ポーリンはジントニックで久方ぶりの再会に乾杯。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です