イプシロンのルーフキャリー

 イタリアの高級車ランチアの小型車イプシロンを買ったのは、ちょうど一年前だった。
 ランチアといえば、ヘミングウェイの愛車だったし、白州次郎の父親が花嫁の白州正子に結婚プレゼントしたのもこの車だった。そんな風で、ヨーロッパでは誰でもが知っている名車なのであるが、何故か日本ではあんまり知られていない。
ランチア・テーマ.jpg ぼくが、15年間乗っていたランチア・テーマという車は、日本でもたいそう人気があって、テーマクラブという愛好者のクラブが、テーマが消えてもう10年以上も経つのに、今も健在で活動を続けているようである。
 数年前、ランチア・テーマを手放すことにしてこのクラブに欲しい人にはあげますというメールを書いた。すると、3人の人が名乗りを上げ、そのうちの一人、つくば市の歯科医のSさんが、取りにおいでになった。

 イタリアでは、一番の大衆車はフィアット、高級車はアルファ・ロメオとランチアということになっている。
 リモネットに行きだした頃、クーネオに向かう道の途中のクーネオ郊外にランチアの大きな修理工場があった。何度かはここから部品を買って持って帰ったりした。しばらくしてこの工場はなくなった。ランチア経営はは調子が良くなかったようである。
 起死回生を願って出て来たのが、イプシロンである。何回かのモデルチェンジがあって、なかなかよくなって来た。
レンタルイプシロン.jpgイプシロン運転席2.jpg 数年前、その時はニースでシトローエンを借りていたのだが、イプシロンを2日間借りて、ラモッラまで走ってみた。なかなか快調だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です