旅はBirdyを連れて(3)

 アムステルダムは、自転車の町です。
 ほとんどの道路には、幅1mほどの自転車用の区画があって、自転車のマークが書いてあります。
 この運河が縦横にはしる狭い町の道路を、市電と自動車と自転車が見事の共存しているのは、日本では理解の外と考えられます。
 市電の停車場の横では、自転車と自動車は並走できませんが、自転車が走っていると、自動車は無理に追いこさず、待ってくれています。
 なにしろ、自転車を足として使う市民が多いので、自転車での走行は、日本のように危険ではないようです。

 もう4・5年も前ですが、町中至る所に張ってあった、キャンべ—ンポスターの文句は、「吸っていいですかと聞きましょう」という、喫煙マナーに関する標語でした。
 いかに共存するかが、この国のテーマと思われます。
 以前友人のパベルがアパート暮しの頃、階下から始終ドンドンと床に響く音が聞こえました。パベルは、下の住人が、音がうるさいと棒で天井を突いているのだといいます。古い建物なので、歩くだけで床がきしむのです。
「気にしなくていい」と、パベルはいい、日本の友人が来たんだと、後でプレゼントのお裾分けでもしておけばいいんだといっていました。そのときぼくが思ったのは、共存するためには、お互いに耐え忍ぶことではなく、不満を言い合って折れ合うことだということでした。耐え忍べば、どこかで爆発します。うまく共存は出来ません。
 そういう共存の精神がなければ、ワークシェアリングの先進国オランダから学ぶことはできず、日本の「ワークシェアリング」は、かけ声だけに終わるのではないかと思われます。

 ところで、旅の日程も半ばを越して、本当なら今頃は、ベルギーのブルージュにいるはずなのですが、実は、そうではありません。ベルギー行きは中止しました。理由は、ぼくが、またやってしまったのです。
 ニースを出るときに、セキュリティチェックで、腕時計とパームパイロットを置き忘れたのです。
 アムステルダムに到着後、調べてもらい(これは大変なことでしたが)、現物は確認出来ました。ところが、外国での遺失物は、管轄外ですし、KLMのオフィスはニースにはありませんから、その遺失物を送ったりするのは、ほとんど無理に近いのです。意を決して、取りに戻ることにしました。

 翌日つまり昨日、早朝アムステルダムからニースにとび、夜の便で取って返す、とんぼ返りをTransavia航空ですることにしました。
 トランサビア航空とは、ほとんど知られていないエアラインですが、KLMが作った会社のようです。イージージェット航空という大変割安のエアラインが出来たので、それに対抗してトランサビアが出来たのではないかと思います。
 ニースまでは、一時間半ほどで、のぞみで東京に行くのより早いのですが、値段は同じくらいです。9時前にニース空港着。ローストアンドファウンドデスクで、英語の全く分からないおばちゃんと押し問答の末、パームと時計奪還に成功。
 帰りの便は夜の九時なので、ニースの街に出かけることにしました。
 ニース空港から、ニースの海岸目ぬき通りまでは、20分ごとにバスが運行しており(3.5ユーロ)、まるでニセコのペンションの巡回バスのようです。プロムナードを散策し、ゆっくりした昼食を楽しみました。

 お昼に、豪華な食事を取ったので、夕食は、空港のレストランで、軽くすますことにしました。連れのともがチキンとアボガドのサラダをほとんど食べ終わった時に、その中のガラスの破片を発見したのです。
 ぼくは、ウエイトレスの若く可愛いおねえさんに、「これがあった。ベリーデンジャラス」と繰り返したら、彼女は何か答えましたが、意味が分かりません。シェフという言葉だけが聞こえました。それで、その皿を運び去り、知らん顔をしていました。
 シェフがやったことで、私は知らんことですと、言ったらしいなと思いました。もう出発の時間も迫っているし、「責任者を出せ」と言うほどリキもありません。
 勘定を頼んだとき、おねえさんは、サラダのお金はいりませんからと言ったのです。日本では考えられない筋書きで、びっくりしました。

 今日は、小雨の中を濡れるのをものともせずに、ピュリッツァホテルからローキン、ダム広場、ホテルオークラと走り回りました。自転車は、実に便利です。タクシーなど全然必要ないし、飲み過ぎ食べ過ぎの身体にもいい。
 今日あちこちで、「素敵な自転車だ」と多くの人にいわれました。ほとんどの人が、BDー1は日本製だと思っているようです。
 なぜかと考えたら、日本人は小さなものを作るのがうまいという事になっているからのようです。
 ある若者は、ぼくのバーディのことを、ビューティフルを連発してほめた後、「日本人は小さいものスマートなものを作る。車もそうで、アメリカ車はだめだよ」といったものです。いや、これは実は、ドイツパテントで、台湾製なのだとは、言えなくなってしまいました。

ブルージュは駄目になりましたが、アムステルダムの街を縦横に走れて結構ご機嫌です。今日は日曜で休みでしたが明日はやってることを確かめたので、ホテルオークラで散髪をして、明後日には、帰国の途に付く予定です。
では、これにて。
高田直樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です