<高田直樹の異国四景>(1993年〜1994年)

きらめき春表紙2S.jpg この記事は、古くからの付き合いの、高岡市市役所の開洋子さんの依頼で、高岡文化情報誌「きらめき」(季刊)に執筆したものです。
 定年まで6年を残して退職し、さあもう気兼ねなく自由に海外に出れるとばかり、アメリカ、ヨーロッパと飛び回っていた頃のことです。ここでは、この辺り前後のことを書いています。
 タイトルは「異国四景」ですが、5回の連載となりました。(2007/09/07)

連載第1回 「バンコックの40日」
連載第2回 「新しい門出、スイスの旅
連載第3回 「おじさんのホームステイ」
連載第4回 「12年目の中国」
連載第5回 「アムステルダムからプラハへ」
番外1    「プラハの夏」
番外2 「パベルとカントリーハウスへ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です